腰痛ストレッチ。寝ながらできる体操

この記事では、『腰痛のストレッチで寝ながらできる』ものを集めてご紹介します。

主に、朝起きた時や、よる寝る前に布団の中で、寝ながらできる、腰痛のストレッチです。ぜひ、お試しくださいね!

腰痛寝ながらストレッチ実践者の声

今日は、腰痛に始まる、足のしびれに困っていた方から、嬉しい声を紹介します。

静岡県の女性の方からです。

この間はメールありがとうございました!!首まくらは使っていても痛くはないです。

気になる時は外して寝てますけど。ここ最近は調子がいいっぽくて、痛み止めの薬はあまり飲んでないです。

足のしびれって、体の痛みの症状の中では、比較的”重い”症状です。ですから、サクサクっとは、解決しないんですよね。でも、”治らない”って事じゃなくて、時間をかけて、じっくり取り組んでいただければ、少しづつ良くなっていきます。

それは、普通の腰痛や肩こりでも、同じ理屈です。ただ、治っていく過程で、痛くなったり、軽くなったりするんです。アップダウンがあるという事ですね。その時は、”めげないこと”、これしかないです。

調子が上がったり下がったりしても、あきらめないで、続けていけばかならず良くなりますから。

応援してますよ~。

動画を参考に毎日何種類かをやって、全体的に良くなっています。

緩むにつれ大元の膝周りに行き着いてきました。

そこで中でん筋緩めと、膝そのものが滑らかに動く様になる体操を教えて下さい。前脛骨筋、腓腹筋の外側緩め、及び膝周りに有効な体操を教えて下さい。

坐骨神経痛やヘルニアで、

・足の指がしびれる。
・膝が痛い。
・ふくらはぎが痛い

などの症状でお困りの方、多いですよね。

その原因は、特定の部分だけが、悪くなっているってわけではないんですね。

つま先→膝→もも→腰。

っていう順番で、体がつながっているのです。その動きの中で、問題が連動して起きているのです。だから、つま先が痛いから、つま先を揉んでも治らないのですが、

足の指がシビレたら、”体をつなげて動かしてあげる”体操をすると治ります。

坐骨神経痛に効果のあるストレッチ体操

坐骨神経痛に効果的なストレッチ体操のやり方はこちらから!