今日は、椎間板ヘルニアの坐骨神経痛に効くストレッチをご紹介します。坐骨神経痛に効果的なストレッチ体操のやり方

こんにちは。藤田です。季節の変わり目は、腰痛注意報ですね。今、とっても多いのが、椎間板ヘルニアの坐骨神経痛に悩んでいる人です。現代人の方に、

あなたは、仕事が座り仕事で、長時間パソコン作業などをやっていて、腰痛に悩んでいませんか?

今、クリニックでは、長時間同じ姿勢を維持していて、「椎間板ヘルニアですね」と診断される人が増えています。普段どおりに生活していても『坐骨神経痛』になるケースが増えているのです。

今日の体操は、

椎間板ヘルニア
坐骨神経痛
脊柱管狭窄症

などの症状の解消に効果のある骨盤矯正体操です。

このストレッチは、見た目以上にすごい効果があり、骨盤の筋肉バランスが整い、坐骨神経痛の痛みが減少する不思議なストレッチです。

坐骨神経痛のしびれと腰痛が軽くなった

この藤田が紹介している体操で

「坐骨神経痛の腰痛としびれが軽くなったよ!」と言ってもらえた感想がありますのでご紹介します。

さいたま市大宮駅の近くに住んでらっしゃる患者さんです。

坐骨神経痛ストレッチ

どうもありがとうございました。今までの経験と違っていたので、正直、不思議な感じでどうなのかな?と思いました。が、次の日の朝、しびれが感じなかったので、またお願いしたいと思いました。

5年前にぎっくり腰になり、それから腰痛になやまされ、そのうえ最近では、坐骨神経痛みたいな感じで左足がしびれるということでした。

最初はずっと正座していたような”じわーん”としたしびれだったそうですが最近は”びくーん、びくーん”といった低周波治療器で電気を流しているような痺れに変わってきてしまったということでした。

で、実際に体操を実践してみると、直後はあまり変化はなくそのまま帰られました。

しかし、その次の日も、次の日も、体操を続けていただいたら、「中の1日は痺れがすごく軽減された」とおっしゃってました。で、そのあとも継続していただいて、大分しびれは軽くなってきているようです。

「最初10といえば、今はいくらぐらいですか?」と聞いてみると、「3くらいですね~」と嬉しいお答えでした。坐骨神経痛のしびれや椎間板ヘルニアの痛みに悩んでいる方。ぜひこの体操をやってくださいね。

坐骨神経痛に効く腰痛ストレッチのやり方

・椅子に腰掛けます。
・両方の足を片足づつあげてみます、
ポイント
・上がりづらい方を確認します。

坐骨神経痛

上がりづらい方の足を3秒間、「ふーーーーーっ」と息をはきながら、足を踏み込みながら下ろすようにチカラを入れます。

3秒間足を下ろす方向に、ぐーーーっと、チカラをいれたら、「ぷはーーーっ」とチカラを抜いてください。

椎間板ヘルニア

坐骨神経痛の腰痛ストレッチ動画

椎間板ヘルニアの坐骨神経痛に効くストレッチを、実際に一人でやる方法をyoutube動画で一緒に見てみましょう。

この体操は、健康なときであれば、一気にチカラを抜けますが、坐骨神経痛がきつい時や、ぎっくり腰の時は、ちからを抜くときも、ゆっくり抜いてください。上半身も「ぐだーーん」とゆっくり力を抜いてください。

腰、骨盤にかかわる筋肉は、緩み始めるまで、時間差があります。30秒くらい、間隔をおいて、ゆっくりゆっくりやってください。ぜひお試し下さい。